YAMAHAのスポーツスクーター『XMAX ABS』がカラーリングを変更し2020年3月25日に発売する。

新色として加わったのは3色。

・マットグリーニッシュグレー:
2020年の「MAXシリーズ」のブランドカラーとして、グリーンがかったマットダークグレーを基本色とした新規性が高く洗練されたカラーリングが特徴。

・マットブルー:
現行モデルの基本色をアップデートし、上質さを向上させている。

・マットブラック:
現行モデルの基本色を継続しつつ、ゴールドホイールなどコンポーネントカラーを刷新してアグレッシブな印象を加えた。

なお、現行の「マットシルバー」と「マットレッド」は継続販売する。

【カラーリング】
マットグリーニッシュグレー(新色)、マットブルー(新色)、マットブラック(新色)、マットシルバー(既存色)、マットレッド(既存色)

【車両の特徴】
精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバー形状を採用した「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングが特徴。水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・249㎤ “BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載する。
 製造はインドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行なっている。

【情報参照元】
YAMAHA ホームページ
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0303/xmax.html#_ga=2.196307951.2129469231.1583301160-350598441.1573819493

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る