ハスクバーナ 2021年モデルのエンデューロマシン4機種が発売に

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンから、2021年モデルとしてエンデューロマシン4機種が2020年8月に発売される。

発売される機種は水冷2ストロークエンジンの「TE 150i」「TE 250i」「TE 300i」、水冷4ストロークエンジンの「FE 250」だ。

ハスクバーナのエンデューロマシンといえば、メインフレームにクロムモリブデン鋼を使い、シートレール(サブフレーム)にカーボンコンポジットを用いていることが特徴的だ。これによりフレームは剛性がありつつも絶妙なしなやかさをあわせもち、長時間ハードな走行が強いられるエンデューロレースにおいてライダーの疲労を抑えてくれる。
リヤタイヤにはハイトがありエアボリュームの多い18インチを採用。
全てのマシンでセルスターターを備えることで、難所での再スタートも容易にしてくれる。

ライダーの体格、走るシチュエーションに対応するフルアジャスタブルサス、指一本で軽々と操作できるマグラ製油圧クラッチなど、購入してすぐにエンデューロレースへエントリーできるほど充実した装備を誇る。

■車両名:TE 150i
■価格:1,130,000円(税込価格)

■車両名:TE 250i
■価格:1,257,000円(税込価格)

■車両名:TE 300i
■価格:1,365,000円(税込価格)

■車両名:FE 250
■価格:1,320,000円(税込価格)

【情報参照元】
ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン
https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る