X-ADV/TMAXパーツ専門店アンドロイドモーターサイクルから『フォグマウントステー』と『スポーツスクリーン』発売

X-ADVとTMAXのパーツ専門店アンドロイドモーターサイクルから、X-ADV用の『フォグマウントステー』と『スポーツスクリーン』が発売となった。

同店の代表・安東氏はX-ADVオーナーでもあり、多くのX-ADVオーナーが感じていたであろうポイントを解消してくれるパーツが、今回発売することとなった『フォグマウントステー』と『スポーツスクリーン』だ。

【フォグマウントステー】
純正ライトはやや暗く、それを補うために純正オプションのフォグランプを装着するとなると総額は10万円オーバーとなってしまう。そこで国内外から販売されている汎用フォグライトを装着できるマウントステーを開発。

本体はアルミ削り出し、艶ありブラックアルマイト仕様。
ボルト一本留め仕様ですが、カウルにラバーブッシュを押し当てる事により緩みを防止する。
フォグがカウルの内側に入る事により、スタイリッシュでありながらヒットさせる心配もない。
尚、当製品の基本セットはステーのみ。フォグは含まれない。

●価格
17,380円(税込価格)/15,800円(税別本体価格)

【スポーツスクリーン】
純正スクリーンの形状を活かしつつ、より効果的なスクリーンを、との思いから作成したのが同製品。
純正形状および全長は変えずに、上端部分を反らすことによって風の流れを上にずらし、ヘルメットに当たる風圧を下げることに成功した。
同スクリーンにすることでヘルメット部分にあたる風をキャンセルでき、疲労を大きく顕現してくれる。また、スクリーン自体も、純正に比べ軽量化されており、ハンドリングも軽快となる。

素材は、透明度が高く、対候性や傷つきにくさが純正よりも強いアクリル製。
色は透過率25%のスモークで、夜間でも道が見える程度となっている。
縁ゴムも付属されており、車検にも対応。

●価格
17,380円(税込価格)/15,800円(税別本体価格)

【情報参照元】
アンドロイドモーターサイクル
https://www.android-motorcycle.com/

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る