YAMAHAが自立機能を持つ三輪コミューター『TRICITY300 ABS』発売

ヤマハ発動機株式会社は、排気量292?の単気筒エンジンを搭載する三輪コミューターの新製品『TRICITY300 ABS』を9月30日に発売する。

『TRICITY300 ABS』は、三輪スポーツバイク・NIKENに採用されているフロントのステアリング機構を用いることで、旋回時の優れた安定感や自然なハンドリングを実現。フロントタイヤの高い接地感は、日常的な移動を快適にしてくれる。また、車両自体が自立する機能をもたせることで、停車時や車両の押し引きでの安定感を高めた。

主な特長として下記のポイントが上げられる。
1)快適な乗り味を支えるステアリング機構“LMWアッカーマン・ジオメトリ
2)停車時や押し歩き時に便利な「スタンディングアシスト」
3)市街地での使用に配慮した“BLUE CORE”エンジン
4)安定感としなやかさをもたらす新フレーム
5)“Y”をモチーフにした進化したブランドアイコン
6)アクティブでスマートなスタイリング
7)制動時の車体挙動を穏やかにするABSとUBS

車名:TRICITY300 ABS
メーカー希望小売価格:957,000円(税込価格)
問い合わせ:カスタマーコミュニケーションセンター TEL 0120-090-819

【情報参照元】
ヤマハ発動機
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0824/tricity300.html

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る