Honda『CRF250L』『CRF250 RALLY』がフルモデルチェンジし12/17に発売

Hondaが水冷・4ストローク・DOHC・249cc単気筒エンジンを搭載した、トレールモデル『CRF250L』『CRF250 RALLY』をフルモデルチェンジし、12月17日(木)に発売する。

今回のフルモデルチェンジでは、従来から評価の高いオンロードでの扱いやすい性能はそのままに、オフロードでの走破性を高め、力強い出力特性の実現と徹底的な軽量化が施された。

■CRF250L
市街地などのオンロードでの扱いやすさと、オフロードでの走破性を高次元で両立した『CRF250L』。
デザインは、競技用モトクロスマシン「CRF450R」のイメージを踏襲し、シャープで力強いスタイリングを採用。薄型のLEDヘッドライトとすることで、軽量かつスリムな印象とアグレッシブな走りをイメージさせる。カラーリングは、レーシングイメージ溢れるエクストリームレッドを設定。
 また、日常での扱いやすさと足つき性に配慮した最低地上高245mm、シート高830mmのCRF250Lに対し、前後のサスペンションストロークを伸長し、シートの厚みを変更することで最低地上高285mm、シート高880mmを確保し、オフロード走破性を向上させたCRF250L<s>をタイプ設定し、ユーザーの多様なニーズや嗜好に応えるラインアップとしている。

■CRF250 RALLY
市街地からオフロードまで幅広いシチュエーションでの扱いやすさと、従来から好評のツーリング性能や快適性をより一層向上させた『CRF250 RALLY』。
デザインは、ダカールラリーに参戦するレーシングマシン「CRF450 RALLY」の思想を受け継いぎ、ウインドプロテクション性能に優れた大型ウィンドスクリーンやカウル、フレームマウントの左右非対称の二眼LEDヘッドライトにより、250ccクラスの枠を超えた存在感のあるスタイリングを実現。
新たに容量12Lの大型フューエルタンクを採用し、燃費性能およびツーリング性能を向上。さらに、ハンドルウェイトの採用やステップにラバーを追加するなど各部の熟成を図り、振動の軽減や快適性、居住性が追求されている。カラーリングは、CRF450 RALLYを彷彿させるエクストリームレッドを設定。
 また、日常での扱いやすさと足つき性に配慮した最低地上高220mm、シート高830mmのCRF250 RALLYに対し、よりオフロード走破性を向上させることを目的に、前後のサスペンションストロークを伸長(最低地上高275mm、シート高885mm)させたCRF250 RALLY<s>をタイプ設定している。

CRF250L      599,500円(税込価格)
CRF250L<s>    599,500円(税込価格)
CRF250 RALLY 741,400円(税込価格)
CRF250 RALLY<s> 741,400円(税込価格)

問い合わせ お客様相談センター TEL:0120-086819(オーハローバイク)

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る