ヤマハ発動機株式会社のイタリア二輪車エンジン製造子会社がファンティック社に株式を譲渡

ヤマハ発動機株式会社の子会社で、欧州での製品販売を行う「Yamaha Motor Europe N.V.(ヤマハモーターヨーロッパ、以下YME)」が、10月7日(現地時間)、イタリアで二輪車エンジンの製造を行うグループ会社「Motori Minarelli S.P.A.(モトーリ・ミナレリ、以下MM社)」の全ての発行済株式を、業務提携を進めている「Fantic Motor S.P.A.(ファンティックモーター、以下ファンティック社)」へ譲渡することについて、EWC(欧州労使協議会)への協議を申し入れるとともに、MM社の地域労使協議会への通知を行なった。

譲渡先のファンティック社はイタリアで二輪車や電動自転車の製造・販売を行なっており、MM社のビジネスパートナーとしても長い歴史を持つ。今回の株式譲渡は、ヤマハ発動機とファンティック社とのパートナーシップを強化することが狙いだ。

ファンティック社への株式譲渡契約など一連の手続きはEWCとの協議に基づき、年内完了を予定している。

MM社は、50~400cm3の二輪車用エンジンを年間8万基生産しており、当社の欧州における二輪車製造子会社MBK Industrie S.A.S(フランス)に加え、譲渡先のファンティック社を含む、欧州域内の他の二輪車メーカーにもエンジンを供給。MM社とファンティック社との協業は1970年から現在まで続いている。

なお、ファンティック社の日本国内での車両販売は、株式会社サイン・ハウスの車両事業部が輸入総代理店となっている。
スクランブラー、フラットトラック、エンデューロといった車両だけでなく、近年欧米で高い人気を博している同社のE-Bike(電動アシストのスポーツ自転車)も取り扱う。
https://caballero.jp/

【情報参照元】
ヤマハ発動機株式会社
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/1008/corporate.html

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る