Hondaが再生産した純正部品で『VFR750R(RC30)』をリフレッシュするプラン開始

世界耐久選手権シリーズで1985~6年度の2年連続チャンピオンを獲得したHondaのワークスレーサーRVF750(NW1C)。このマシンをベースに誕生したのがVFR750R(RC30)だ。エンジンにチタン合金製のコンロッドや、クロームモリブデン浸炭鋼製のカムシャフトを採用し、吸排気系や燃焼室形状、さらにクラッチやミッションなどの駆動系にいたるまで、レースで得た技術を幅広く活かしたスペシャルマシンだ。

その「VFR750R(RC30)」を対象に、ベストコンディションに維持するプログラム「リフレッシュプラン」がスタートする。

基本となる整備項目をもとに、エンジン、足まわりなどの機能ごとにまとめて実施すべき項目の整備メニューを用意。さらにオプションとしてより細かい整備項目も用意している。

また、このリフレッシュプランのスタートとともに、VFR750R(RC30)の部品を新たに再生産し純正部品として6月30日(火)より順次Honda二輪車正規取扱店にて販売する。

VFR750R(RC30)のリフレッシュプランの企画にあたっては、四輪スポーツカー「NSX」のリフレッシュプランで培ったノウハウを参考にしながら、二輪専用のリフレッシュプランを構築したという。

■ VFR750R(RC30)のリフレッシュプランの詳細は、下記ホームページを参照。
 https://www.honda.co.jp/motorcycle-refresh-plan/

■ VFR750R(RC30)の純正部品再販売は、下記ホームページを参照。
 https://www.honda.co.jp/bike-genuineparts/

なお、リフレッシュプラン詳細のホームページ内に、同プロジェクトに関する物語も掲載されている。Hondaの物造りに対する熱い思いを感じることができる、必読の内容だ。

【情報参照元】
Honda
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200630.html

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る