HONDAは、アウトドアレジャーの用途に適した装備を採用した新型の原付二種レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」を6月26日(金)に発売する。

CT125・ハンターカブは、「Super Cub(スーパーカブ)」シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加え、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段としても使え、楽しみをより広げてくれる機能を備えたモデルだ。

車体は、スーパーカブC125をベースとし、市街地走行から郊外へのツーリングや林道でのトレッキングなど、幅広い走行状況を想定した車体諸元とフレーム剛性のバランスを最適化。さらに不整地でのトレッキング性能をより高めるため、110mmのストローク量を持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを装備している。

エンジンは左手によるクラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチを採用。
空冷・4ストローク・OHC・単気筒124ccエンジンは、ツーリングやトレッキングにでのゆったりとした巡航時など、低中速域での力強さを重視した出力特性としている。

スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとし、カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定しています。

CT125・ハンターカブ(グローイングレッド)
CT125・ハンターカブ(マットフレスコブラウン)

【情報参照元】
HONDAホームページ
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200320-ct125.html

ホンダ CT125・ハンターカブ
440,000円(税込)/ 400,000円(税別本体価格)
お問い合わせ
HONDAお客様相談センター 0120-086819 
受付時間:9時~12時、13時~17時

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る