ZERO MOTORCYCLESの電動バイク『SR F』が国内輸入開始

電動スクーターを専門に取り扱ってきた電動バイクXEAM(ジーム)(本社:福岡県福岡市、代表取締役:塩川正明)がZERO MOTORCYCLES(ゼロモーターサイクルズ)から発売されている最上級モデル『SR / F(エスアールエフ)』の取扱を開始する。

ZERO MOTORCYCLESは、アメリカのカリフォルニア州に本社を置きデュアルパーパスやネイキッドタイプの電動スポーツバイクを製造している電動バイクメーカーだ。

『SR / F』は同社の最上級モデルで、最大航続距離259km、最高速度200km/h、充電時間4.5h(レベル2(208V-240V)での充電時間。レベル1(110V-120V)の場合は8.5h)と、電動バイクを使用する際に気になるデメリットを払拭したマシン。

同車両にはZERO MOTORCYCLESが新開発したZF75-10モーターとZF14.4リチウムイオンバッテリーを搭載し、クラス最高のパフォーマンスを実現した。
モーターによる圧倒的な加速力をショーワ製フルアジャスタブルサスペンションで支え、ブレーキング時の車体の安定性や加速時のトラクションをBOSCH製のスタビリティコントローラーが制御。電動バイクならではの大トルクを手なずけ、本格的な⾛りを追求するユーザーのニーズにもしっかりと応えてくれる。

高性能ZF14.4リチウムイオンバッテリーは、100Vと200V(J1772コネクタ)の両方に対応しているのも大きな特徴の一つ。一般家庭で使用されている100VとEV充電スポットで多く採用されている200V(J1772コネクタ)の充電方式に対応し、外出先でも高速かつ安全に充電できる。

上記車両の取扱い開始にあたり電動バイクXEAMは、マン島TTレース、パイクスピークなど世界のEVバイクレースで輝かしい実績を持つ株式会社MIRAI (TEAM MIRAI)とタッグを組んでの始動となる。

【車両スペック】
クラス:電動大型二輪
バッテリー種類:リチウムイオン電池
車体重量:約220kg
バッテリー最大定格容量:14.4kwh
最大出力:82kW(110PS)/5000rpm
最大トルク:190N・m(19.37kgf/m)
最大航続距離:≧259km
※高速道路(89km/h)の場合159km。街乗り+高速道路(89km/h)の場合198km。
充電時間:4.5h
※レベル2(208V-240V)での充電時間。レベル1(110V-120V)の場合8.5H。
最高速度:≧200km/h
乗車定員:2名
製造国:アメリカ

発売時期:3月中旬
免許区分:AT限定大型二輪免許・大型二輪免許
車両区分:(電動)大型自動二輪車
車検:免除

▼電動バイクXEAM SR/F 予約受付ページ
https://www.xeam.jp/zero/
※本製品は並行輸入品。

お問合せ先

ZEAM TEL: 092-262-7418 MAIL:info_xeam@mssjapan.jp

【情報参照元】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000021330.html

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る