Honda『Rebel250』マイナーチェンジ&新タイプ追加

Hondaのクルーザーモデル『Rebel250』が、灯火類を全てLEDとするなど仕様を充実させるとともに、純正アクセサリーを標準装備した「Rebel 250 S Edition」をタイプ追加。それぞれ3月19日(木)に発売する。

『Rebel 250』はヘッドライト、ウインカー、テールランプにLEDを採用。メーター内にギアポジションを表示するインジケーターを追加し、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなど視認性を向上させた。加えて、アシストスリッパークラッチを採用することで、クラッチ操作を軽くし、急なエンジンブレーキ時のリアタイヤの挙動を抑制してくれる。さらには、クラッチレバーの形状変更、前後サスペンションの仕様を変更することで扱いやすさと乗り心地の向上を図っている。

『Rebel 250 S Edition』は、主体色と同色のヘッドライトカウルや、重厚感を演出するフォークブーツとフォークカバー、ブラックアウトされた車体のアクセントとなるブラウンのカラーシートを標準装備することで、個性を演出する。

『Rebel 250』のカラーリングは新色の「マットジーンズブルーメタリック」に、従来色の「マットフレスコブラウン」「マットアーマードシルバーメタリック」を合わせた、全3色のカラーバリエーション。また、『Rebel 250 S Edition』は「マットアクシスグレーメタリック」1色の設定。

Rebel 250(マットジーンズブルーメタリック)
Rebel 250 S Edition(マットアクシスグレーメタリック)

Rebel 250        599,500円(消費税抜本体価格 545,000円)
Rebel 250 S Edition  638,000円(消費税抜本体価格 580,000円)

【お問い合わせ】
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

【情報参照元】
Honda ホームページ
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200130-rebel.html

ハイタッチバイク 編集部レギュラー編集部員 ノーリー

投稿者プロフィール

1982年式の日本男児
バイク以外には、クラシカルなもの、田舎暮らし、ブロックタイヤ、無骨なもの、ギター、陶器、日本酒、釣り、デニム、革細工、カメラ、四駆、ラジコン、天体観測、キャンプ、エアガン、料理、スニーカー、コーヒー、和菓子、長渕剛、時計、インテリア、もう、ありとあらゆるものに興味がありますが、知識の深さはくるぶしレベル。
よろしくお願い申し上げます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


HTB編集部より

  1. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  2. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  3. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  4. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
  5. レギュラー編集部員のノーリーです。 バイクショップから発信される動画コンテンツをまとめていく…
ページ上部へ戻る